お問い合わせ

ナツキ
ナツキ
いらっしゃいませ!!

このページから…

『お問い合わせ』

を、とっても簡単にできます。

なので・・・

ぜひ!!

あなたには『気軽』な気持ちで
お問い合わせをして頂ければと
思います。

お問い合わせ方法9ステップ

すぐ下のボタンを、

ポチッと押して頂くと
『お問い合わせフォーム』が
あなたの画面に表示されます。

 

 

ナツキ
ナツキ
こちらです
男性
男性
やり方がイマイチ分からないんだけど…
女性
女性
アタシも、こういうの苦手で…
ナツキ
ナツキ
安心して下さい、大丈夫です

お問い合わせの方法は
とっても簡単です。

では・・・

ここから超絶簡単な
お問い合わせの方法9ステップについて
あなたにお話ししていきますね。

男性
男性
9ステップだな!
ナツキ
ナツキ
かなり簡単です

Step:1お問い合わせフォームのボタンを押す

まず最初に。

 

 

すぐ上に設置してある
『お問い合わせフォーム』の
ボタンをポチッと押して下さい。

すると・・・

パッと画面が切り変わります。

女性
女性
あの…コレ押しても大丈夫なの?
男性
男性
変なサイトに飛ばないだろうな?
ナツキ
ナツキ
もちろん大丈夫ですよ

『お問い合わせフォーム』のボタンを
ポチッと押すと…

このような、お問い合わせ画面が
あなたの目の前に表示されます。

ナツキ
ナツキ
こんな感じの画面です
女性
女性
これが問い合わせフォームなのね!

Step2:氏名を記入する

次に。

一番上の『氏名』を記入して下さい。

注意点としては…

・名字の欄
・名前の欄

これが『別々に』なっている
ことくらいです。

ナツキ
ナツキ
とっても簡単だと思います
男性
男性
あのさぁ…名前って本名なの?
ナツキ
ナツキ
そうですね…

中には…

(うーん、ちょっと自分の本名を記入するのは、抵抗があるなぁ…)

そんな風に感じている方も
実際、中にはいると思います。

女性
女性
そうよ、今は個人情報の時代なのよ!!

なので・・・

氏名の欄は、あなた自信作の
『ニックネーム』でも大丈夫です。

ナツキ
ナツキ
ご安心下さい

Step3:メールアドレスを記入する

では次、3つ目です。

ステップ3で、

あなたのメールアドレスを
記入欄に入力して下さい。

ナツキ
ナツキ
こんな感じですね

メールアドレスは、

あなたがメールを受け取ることができる
メールアドレスであれば、何でも良いと
思います。

最近は・・・

無料で使えるフリーアドレスも
たくさんありますよね。

例えば、

・Gmail
・Yahoo!メール

etc…

あなたが使いやすいものであれば
個人的には何でもいいと思います。

ただし、注意点としては…

メールアドレスを『デタラメ』に
記入されると、こちらからの返信が
できなくなってしまいます。

なので。

メールアドレスは正確な内容を
記入して頂けると幸いです。

男性
男性
それは言えてるな
女性
女性
私よく間違えちゃうのよね…
ナツキ
ナツキ
私も、よくあります…

メールアドレスを記入する際に…

間違ったアドレスをご記入されて
こちらからのご返信ができない
残念なケースが多発しています。

くれぐれも『メールアドレス』は
お間違いのないように記入して下さい。

男性
男性
そりゃ、いいんだけどさぁ…
女性
女性
個人情報とか流出しないのか心配なんだけど…
ナツキ
ナツキ
その気持ちは、とても分かります

ネット上に
自分のメールアドレスを記入すると
個人情報が流出するんじゃないだろうか…

個人情報って、心配になりますよね。

男性
男性
そうなんだよ、心配になるんだよな〜

ですが、安心して下さい。

あなたから頂いた個人情報は当社の
アカウント部で厳重に管理してます。

個人情報の流出など一切ございません。

なので、ご安心下さい。

女性
女性
そうなのね、安心したわ!

Step4:WEBサイト名を記入する

次ですね。

ステップ4で…

『WEBサイト名』を選択して下さい。

あなたが、どのWEBサイトを見て
お問い合わせをしようと思ったのか。

そのWEBサイト名を選択して下さい。

女性
女性
選択って、何よ?
ナツキ
ナツキ
ご説明しますね

まずWEBサイト名の『↓』の部分を
ポチッと押してみて下さい。

すると・・・

こんな表示が出てきます。

KIYORA Groupには全部で
8つのWEBサイトがあります。

なので。

ここで、あなたが問い合わせをしたい
WEBサイトの名前を選択して下さい。

ちなみに、このWEBサイトは
『メンタリストのための心理学』
なので、ここではコレを選択します。

ナツキ
ナツキ
この画面になったらOKです
男性
男性
思ってたより簡単だな
女性
女性
サクサク進むわよ〜

Step5:内容を記入する

で。

次が1番『大事』な部分ですよね。

ステップ5で、

あなたが問い合わせをしたい
今回の『内容』を記入して下さい。

ナツキ
ナツキ
例えば、こんな感じですかね

お問い合わせ内容の欄に
あなたが問い合わせしたい内容を
自由に記入して下さい。

女性
女性
なるほど!

お問い合わせ内容の記入が終わったら
1番下の『確定』ボタンを押して下さい。

女性
女性
ちょっと待ちなさいよ!!
男性
男性
そうだ、もし内容が間違ってたらどうすんだ!!
ナツキ
ナツキ
大丈夫ですよ

確かに。

こういう画面を記入してる時って
1回『ポチッ』と押してしまったら…

「そのまま送信されちゃうんじゃないか」

そんな風に。

ちょっぴり『不安』になる時が
あると思います。

女性
女性
アンタ分かってんじゃないのよ

ですが、大丈夫!!

ここで、あなたが
せかせか慌てる必要は
全くありません。

あなたが内容を記入して
確定ボタンを押すと…

今記入した内容を『確認するページ』が
次に表示される仕組みになっています。

Step6:内容に間違いがないか確認する

ここで、あなたが書いた内容に
お間違いがないかの『確認』を
ゆっくりして頂ければと思います。

ナツキ
ナツキ
少しだけ話がそれますが…

上の画像の中で『田中 太郎』様に
お問い合わせして頂いた内容に対して
ここで簡単に、回答します。

田中様のお問い合わせ

【お問い合わせ内容】
パスワード保護されている
記事が読めません。

どうしたら読めますか?

【回答】
公開されている記事の中には
『パスワード保護』されており
内容が非公開になっている
記事があります。

非公開の記事を読みたい方は
サイトのトップページにある
メニュー欄を確認して下さい。

すると・・・

『スペシャル限定コンテンツ』
という、メニューがあります。

その中には『2種類』の
項目があります。

・VIP限定secret
・限定secret

こちらから、

『メールアドレス登録』
または
『コンテンツを購入』

どちらかをして頂くと
パスワードを入手できます。

あなたの手元に送られてきた
『パスワード』を入力すると
非公開の記事を読むことが
可能になっております。

では。

話を戻します。

女性
女性
ここで間違いが発覚した場合はどうするよの?
ナツキ
ナツキ
その場合は…

もしも内容を『訂正したい』場合は…

1番下にある『書き直す』のボタンを
ポチッと押して頂けると前のページに
戻ることができます。

男性
男性
ちょっと焦っちゃうんだよな…
女性
女性
間違って変なメッセージ送りたくないのよ…
ナツキ
ナツキ
その気持ち、よーく分かります

私も、インターネット上で
何かを記入して送信する時は
誤字脱字の確認を何度もします。

もしも、自分が間違った内容を
そのまま送信して、相手の方に…

(コイツ誤字脱字ばっかりだな…。)

なんて、思われたくありませんからね。

男性
男性
そうなんだよな〜
女性
女性
私はメール送信の時、何度もチェックするわよ
ナツキ
ナツキ
私も同じです

ここで今、あなたが記入した内容が
もしも間違っていても慌てる必要は
全然ありません。

なぜなら・・・

何度でも『書き直す』ボタンを押せば
前のページに戻ることができるからです。

なので。

落ち着いて、お問い合わせの内容を
記入して頂ければと思います。

男性
男性
よっしゃ!!

Step7:確定ボタンを押して送信する

では、次です。

ステップ7で、

あなたが書いた内容を確認した後
もう一度『確定』ボタンを押すと…

ナツキ
ナツキ
こんな画面が表示されます

これで今回あなたが記入した内容が
ようやく、こちらに送信されました。

男性
男性
これで完了だな!
女性
女性
ちょっと私もやってみるわね!
ナツキ
ナツキ
ちょっと待って下さい!!

Step8:記入したメールアドレスを確認する

お問い合わせフォームでの作業は
ここまでで『終了』なのですが…

あなたが、お問い合わせを送信した後。

差出人『KIYORA Group受付係』から

あなたのメールアドレス宛に
今回の内容の『確認メール』が
自動で届く仕組みになってます。

件名は…

【KIYORA Group】お問い合わせありがとうございます

という、メールです。

今回、あなたがフォームに記入した
メールアドレスのボックスを開いて、

キチンと『確認メール』が
届いているか確認して下さい。

女性
女性
私の所にメールが届くのね?
ナツキ
ナツキ
その通りです

Step9:返信を待つ

で、最後です。

あとは、こちらからの返信を
じっくりと、お待ち下さい。

ご返信が必要な内容であれば
あなたに『ご返信』します。

男性
男性
結構、簡単にできるんだな!
女性
女性
ちょっと私、やってみるわね!
ナツキ
ナツキ
お待ちしてます

最後に

最近は本当に、

いろんなWEBサイトが
ネット上にありますよね。

日記感覚で、コツコツ自分の日常を
ブログに書いている方も多いと思います。

そんなページを
スキマ時間に眺めていると…

画面の端っこに必ずあるのが
『お問い合わせ』コーナー。

ナツキ
ナツキ
でも、正直な所…

Twitterとか、SNSとかだったら
気軽な気持ちでコメントを残したり
することも多い。

だけど・・・

WEBサイトの『お問い合わせ』って
心理的に、ちょっとハードルが高め。

…ですよね?

女性
女性
それは言えてるわね

たとえ、WEBサイトの記事を読んでいて

・何かしら感想を抱いた
・何かしら疑問を感じた

etc…

そんな場合でも、SNSと違って
わざわざ問い合わせまでする人は
実際に少ないと思います。

ですが!!

例えば…

・こんな記事が読みたい!
・◯◯の記事は面白かった!
・サイトが見づらいんだけど…
・◯◯の記事が退屈だったんだけど…

etc…

そんな風に。

SNSのコメント欄に記入する『感覚』で
とっても気軽に問い合わせを送信する方も
実は、たくさんいらっしゃいます。

もちろん!!

・批判的な内容
・手厳しいご意見
・辛口なご指摘

etc…

そういった内容も大歓迎です。

なので!!

ぜひ気軽な気持ちで、あなたには
問い合わせして頂ければ幸いです。

しんのすけ
しんのすけ
あなたからのメッセージ待ってます

 

 

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

ナツキ
ナツキ
あなたの人生に素敵な勝利が訪れますように

KIYORA Group
メンタリストのための心理学 主任
桃園 ナツキ(ももぞの なつき)